<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 6/30 関カレ(安井) | main | 夏合宿1日目 >>

苫小牧ハスカップトライアスロン大会(堤)

0

    JUGEMテーマ:トライアスロン

     

     

    こんにちは!B3堤です。代替予選として北海道苫小牧ハスカップトライアスロンに出場してきたので結果を報告します。

     

     

    2日前まで

    スイムについてはアシスタントをやらせて頂いている朝スイムを中心に練習しました。これは昨年の10月から始めたのですが1年前は100m1’40で3本しか回れなっかたのが今は練習のベースのサークルが1‘40になっているのでかなり成長しました。

    バイクについては今年は梅雨が長く天気が悪い日が多かったのですがなんとか時間を見つけて外乗りする感じでした。平日は東大のうっちーと尾根幹に行ったり授業が16時半まである時もなるべく外乗りを心がけて多摩サイを一人で走ったりしていました。関カレ後の日曜日が毎回雨で大井練を一回もできておらずそれが当日のバイクに響くことになりました。

    ランはなるべく毎日1kmでも良いのでjogをするようにしました。全体練のペーランなどでは結構いいペースで走れていました。7月の中旬はランはあまり練習がつめていなかったかなと思います。

    2ヶ月前ぐらいから体重を落として毎日トマトとほうれん草とツナばっかり食べてました。それらばっかり食べていたからか身体と心がお肉を受け付けなくなったのでタンパク質を取らなきゃと思いお魚をたくさん食べました。結果3kgくらい痩せました。一週間前からはカーボローディングとウォータローディングを始めました。

    予選のストレスがやばすぎてめちゃくちゃ練習した日の次は家に引きこもるという感じで心が弱いんだなあと思いました。また一ヶ月前の関カレで友達がみんなインカレを決めていて女子はボーダーが15分遅くなっているのをみて関カレに出たかったなとか自分はあと1ヶ月も頑張らなくてはならないとネガティブになりました。

     

     

    前日

    飛行機輪行は初めてだったので壊れないかとても心配だったのでこれでもかというほどクッション材を詰めました。家から電車で空港に向かいましたがバイクの重さと電車の混雑で疲弊しました。9時半の飛行機だったのですが余裕を持って7時に空港に着いたのに荷物預かりが激混みで、世間は夏休みということを思い知らされました。(私なんてまだテスト始まってないのに!)

    新千歳についてからは北大OBの阿部さんと九大の泉さんと合流した後苫小牧に向かいました。北海道で初めて一般車に乗りましたが道路が広くて(片側4車線)、売地が多く土地が有り余っていて東京よりこういうところに住みたいなと思いました。(ただ冬は無理!)出場人数も300人以下と今まで出場したどの大会よりも規模が小さく開会式や競技説明会も小さな公民館で行われ、『ザ・ローカルレース』でした。そこでは北大トライアスロン部のマネージャーをやっている妹と4ヶ月ぶりに再会したり高校の同級生の髪型に驚いたりしてました。お昼ご飯まででたらふく食べるのは終わりにしようと決めていたので夕飯はうどんで軽く済ませました。特にお腹も壊すこともなかったので作戦大成功です。夜は世界水泳の自由形女子800mを見てレデッキー選手の泳ぎを見て明日のスイムをイメージして寝ました。

     

    当日

    朝食はおにぎり3つとゼリーを食べて特に問題もなくスタート前がやってきましたが北海道に来る前は毎日緊張していてストレスフルでしたが全く緊張しませんでした。ランコースの砂利部分やスイムコース、トランジでの導線を確認したり今までのどの大会より準備万端で臨みました。

     

    スイム(24:53)

    水温は20度と冷たすぎず暑すぎずでちょうど良かったです。コースは三角形を3周回で、フローティングスタートは3列目ぐらいの外から3番目ぐらいの位置でスタートしました。最初のブイまでは周りに人も多く多少のバトルもありましたがその後第2ウェーブの人に周回差で追いつきましたがうまく交わし時間のロスはほとんどなかったかと思います。いつも最初からペースを上げすぎて後半垂れてしまうので今回は最初の2周は息が苦しくない程度に抑え義務でキックも少なめにし、最後の一周のみペースアップしました。(前日のイメージ通り!)ヘッドアップを普段より多くしたおかげで大きな蛇行もなき泳げました。3周で疲れてが出てきた際に少し蛇行しました。

     

    T1

    スイム練の際にウエットスーツを脱ぐ練習をしたのでスムーズに脱げ今までで一番早いトランジだったと思います。飛び乗りは相変わらずできませんでした!!!

     

    バイク(1:14:28)

    コースは海沿いの平地で片道2.5kmほどの周回コースを4周回しました。周回コースに入るまでの8kmはave35でかなり飛ばせましたが周回コースに入ってからは斜めからの風が強く失速。今シーズン出場した横浜やセントレアは人が多くバイクでは常に周りに人がいる状況でしたが今回はスイムか25位で出場人数も少なかったこともあり方どいいペースメーカがおらず心が折れました。ランが私より速いであろう北大の女子選手とは周回終わり時点で3/4周回差付いていたので安心しましたが、周回ごとに10秒ほど詰められている感じがしました。また前述の通り最近大井練ができていなかったので風に対する心の強さが失われていたのだと思います。また男子のパックに食らいついていく心臓が痛い感じも最近なかったのでバイクに関しては完全に練習不足としか言いようがないです。

    初めて足がつりそうになりました。何か対策できそうです。

     

    T2

    飛び降りは綺麗に決まりました。

     

     

    ラン(52:04)

    最初の3kmまでは4:40ペースで走れていましたが砂利道や草道に入ってから失速しました。天気が快晴で太陽がジリジリ照りつけていたので体感気温はかなり高かったです。いつも水を飲みすぎてお腹が痛くなりますが今回はバイク中にそこまで水を飲まなかったので痛くならず。バイク終わりの時点で後ろと6分差というのをラン周回の際に教えてもらいちょっと焦る。ランのときすれ違った選手の番号を確認していたのでどの選手かはわかっていましたがここで潰れると危ない展開になると意識しつつ頑張って走るも砂利で失速。最後は800mぐらいは頑張ってfinish!無事学生1位通過でインカレ出場権をゲットしました。後ろとは5分ほどの差があり以外とバイクとランで詰められていることにがっかりしましたが修正の余地ありそうです。

     

     

    総括

    よかったこと

    痩せた。

    OWSのテクニックを身につけ蛇行やバトルを避けて今出せる最高のスイムができた。

    トランジの練習の甲斐があり今までにない出来だった。

    トランジのお陰でバイクラップを縮められた。

     

    悪かったこと

    バイクで風に負けた。

    大井のようなガチで踏む練習が足りておらずセントレアの40kmのラップより2分ほど遅くなってしまった。

    ランは中盤垂れた。

    梅雨が長かったこともあり暑さ対策が十分ではなかった。

     

     

     

     

    最後に

    インカレを目指すというのは2年生の4月の新入生歓迎会で初めて口にしましたがその年の予選では全く出れるような実力もなく残念な結果に終わりました。周りも誰もまさか私がインカレを目指しているそして出場できるなんてきっと思っていなかったと思います。その後のスプリントでは個人4位で惜しくも入賞を目指したりそこそこ練習の成果が見られるようになってきましたが確実にインカレに行けるようになるまでは速くはなれませんでした。3年の4月の新入生歓迎会でも去年と同じ目標を口にしましたが今シーズンのレースでは1年前に比べれば成長はしましたが関カレに出たとしても例年で言えばボーダーぐらいで代替予選まで不安の日々を過ごしました。

     

    もちろん個人の理由としてインカレを目指したのも大きいですが、チームとしての理由もあります。昨年インカレに出場できる人は誰もおらず今の2年生以下はそもそもインカレを見たことがない状況でした。なんだかんだで毎年インカレ出場者を出していたのに私の在学中に途切れることになってしまったんだなと思いました。毎年行われていたインカレツアーも開催されず特に何年も連続でインカレツアーを企画していた先輩方には申し訳なかったです。私が今回インカレに出場することでインカレツアーもやろうと思えばできるし、自分もこの舞台に立ちたいと思わせてくれた2017のインカレのように今の1、2年生に感じてもらうことができる。もちろんこのチームは競技志向や趣味で体を動かす程度などと目的は様々ですがインカレを現地で見て肌で感じて目指してくれる人がいればいいなと思っています。あとはトライアスロン始めたばかりはへなちょこでもインカレに行きたいと思うだけではなく頭を使ったり、練習環境を作ったり自分から動けばインカレに行けるんだというのを伝えたいです!!

     

     

    金銭面や精神面でのサポートをしてくれた両親には本当に感謝しています。9/1に恩返しします。

     

    またチームに同期の選手がいない、かつ少人数のチームで練習を一緒にしてくれたうっちーやれなちゃんには本当に感謝しています。前日にはメッセージを送ってくれたりしてくれてとても励みになりました。これからも少人数同盟で頑張ろうね笑 そして3人で完走しよう!

     

     

    またホテルや車の準備などをしてください2日間一緒に行動してくださった泉さんと阿部さん、ありがとうございました!

     

    他にも応援してくれた他チームの友人、朝スイムでお世話になっている会員さんたち、大学の友人などたくさんの方々に感謝してます。

     

     

    9月1日まであと1ヶ月しかありませんが自分のできる最大限の努力をしてインカレのスタートラインに立ちたいと思います。

     

    ここまで読んでくださりサンキューです!

     

    東工大トライアスロン部 * 大会 * 08:19 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ