<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2019学生スプリング選手権 | main | 6/30 関カレ(安井) >>

6/2 彩の国トライアスロン(安井)

0

    どうもはじめまして。B1安井です。

    6月2日に彩の国トライアスロン大会に出場してきました。自分はBタイプ(スイム1.5km・バイク43.2km・ラン10km)に申し込みました。初めての大会だったので東大、学習院の皆さんと一緒に行動しました。準備等いろいろ教えてくださってとても心強かったです。ありがとうございました!

     

     

    ○大会までの練習について

    4月からトライアスロンを始めて2か月しか経ってないのであまりよくわかりません。水泳があまり得意ではないので完泳できるかが不安でした。なのでスイムの練習に比較的多くの時間を割いたかなぁという印象です。

     

    ○前日

    前の週にスプリングの応援に行ったので電車は特に問題はなし...と思いきや、初の輪行で早くも心が折れそうになりました(特に山手線の区間)。心が折れそうになったのは嘘ですが、普通にしんどかったです。14時に古河駅着。東大の方々と合流し、試走へ。コース確認を終えると、宿でチェックインを済ませました。喫煙室が一室だけあったので禁煙室をかけたルームキーくじ引き大会が行われました。自分は最後の二択を引く羽目になったのですが、見事禁煙室を引き当てました。夕食は長寿庵という蕎麦屋で山菜そばを食べました。

     

    ○大会当日

    トライアスロンの大会はなぜ朝早いんですか?眠い目をこすりながら会場入り。受付、トランジの準備を済ませていざレースへ。

     

    ○結果(完走者102人)

    swim 33:31(78)

    bike   1:22:00(58)

    run    44:50(42)

    total   2:40:21(55)

     

    ○感想

    スタート前、学習院の1年生の子とおしゃべりしながらリラックス。お互い生きて帰ろうと励ましあいました。スイムに関しては完泳が目標でした。かなり蛇行しましたが目標達成です。なぜかプールでのタイムより早かったのでうれしいです。スイムアップ時には周りに誰もいなかったので自分のトランジが早いのか遅いのかよくわかりませんでした(多分遅い)。バイクは序盤でサドルが徐々に下がってきてしんどかったです。次回のレースでは直前にしっかり締めなおしておこうと思います。バイクからランへのトランジはかなりスムーズだったと思います。そして今回一番楽しかったランです。ランニングウォッチを忘れたので余裕をもったペースで走っていたつもりなのですが、なぜかラン練でのペース走より速かった...。途中東大の方々とすれ違ったときに声をかけてもらったのがとてもうれしかったです。最後の周回でラストスパートをかけてゴール!めちゃめちゃ楽しかった!終わってみると意外と体力に余裕があったので、次回のレースは3種目ともにビビらず初めのほうからもう少しペースを上げたいと思いました。練習期間が2か月と短かったためかあまり達成感は得られなかったので、これからはレースのたびに達成感が得られるような練習をしていきたいと思いました。

     

    ○自己紹介

    名前:安井聡

    出身:愛知県

    高校時代の部活:剣道

    趣味:将棋、格闘技観戦、映画鑑賞、手芸(最近始めたので下手くそ)、スイーツ巡り、ダジャレづくり、ジャグリング

    大学生のうちにしたいこと:トライアスロン(すでに目標達成?)、ブラジリアン柔術、TED(下品な映画でおなじみのあいつです)のぬいぐるみを作る、合コンに参加する、アメリカでホームステイ、ゴッドタンのマジ歌ライブを見に行く、勉強する

     

    (今のところは)夢と希望に満ち溢れたぴちぴちの19歳のようですね。

     

    ○今年入部した一年生

    桑原、松岡、安井の三人です。

    また後日、おそらくきっともしかするとブログに登場&自己紹介があると思います。

     

     

     

    今週末は関カレがありますが、そちらも頑張りたいと思います。

    以上で初ブログを終わろうと思います。最後まで読んでくださった方はありがとうございました。

    東工大トライアスロン部 * 大会 * 20:51 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ