<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 横浜トライアスロン(堤) | main |

2019学生スプリング選手権

0

    B1亀垣です!今回は2019/05/26に開催された学生スプリング選手権のレースレポートです!

     

    メンバーは選手としてM1原さん、B2秋葉、亀垣、サポーターとしてM2篠島さんとB1安井君が参加しました。篠島さん運転ありがとうございました!安井君も応援ありがとう〜。早く免許とらないとな・・・

    場所は渡良瀬遊水地で、水が汚い以外特に気になるところはありませんでした。障害物がないので風が強い日は地獄ですね・・・。風がなくて助かりました。

     

    ちなみに僕はオリンピックディスタンスは初で、とりあえず完走したいな〜程度にしか考えていませんでした。それがまさか地獄を見ることになるとは・・・

     

    〜スイム〜
    原さんと秋葉は第二ウェーブ、僕は第三ウェーブのスタートとなりました。おそらく申告タイム順で並べられてるんじゃないかな〜と思っています。

     

    ご存知かどうかわかりませんが僕はスイムがびっくりするほど遅いので当然スタート直後に一人になりました。なので基本的にバトルとかはないかな〜と思いながらすいすいのろのろ泳いでました。

     

    そしたら4分前にスタートした第一ウェーブの人たちが僕と一周差で追いついてきてみごとにバトルに巻き込まれました。体の上に人が乗っかってきたときは死ぬかと思いました。

     

    まあそんなこんなでスイムアップ。順位はドベ前。最下位じゃなかったやった!って気分ではなく、やっと終わった〜って感じでした。

     

    〜バイク〜
    先頭と20分差以上つけられているので、僕が一周目スタートの時点で多くの人が二周目に入っていました。ガッデム。

    多分僕の中で一番練習していて気持ちがよいのがバイクですが、大会はかなりきつかったです。(語彙力)普段の練習では信号で止まることが多く、40kmぶっ続けでこぐという練習をしてこなかったため二周目終わりの時点でもう足がかなり疲れていました。

     

    練習不足がしみますね。

    まあなんだかんだいってゴール。最下位では・・・ないはず・・・

     

    〜ラン〜
    地獄の始まり。完走できただけでも良かったという走りでした。

     

    走り始めはキロ4分40秒ぐらいで、そこまでつらくもなかったのでこのまま維持して最後に少し上げるかな〜程度に思っていました。

     

    しかし2キロくらい走ったところで体に異変が起き、急にスピードが落ちました。まず足に全然力が入りませんでした。びっくりするぐらい入らなくて本当に不思議でした。

     

    もちろん足が疲れていたのですが走れないほどでもなく、単純に足に命令がいかないみたいな感じでした。この時点では脱水や熱中

    症は疑っていませんでした。

     

    あほみたいに遅いランで半分ぐらいまではしったら、今度は本当に足に力が入らなくて、少し走っては少し歩くを繰り返していました。正直この時の記憶があいまいで実際は歩いてただけかもしれないです。それで7キロくらいのエイドでスタッフの方に声をかけてもらい、テントまで運んでもらいました。この時の記憶は本当になく、気が付いたらスタッフの方々が水を無限にかけてくださっていました。本当に申し訳なかったです・・・

     

    そんなこんなで少し回復し、ダントツの最下位でゴールしました。もう完走できただけでうれしかったです。死にかけだったので。

    今回の大会では練習不足をかなり感じたのでもう少し練習しなきゃなーと思いました。これ毎回書いてるんですけどね。

     

    以下は原さんと秋葉の感想です。

     

    原さん
    バイク、ランともに体力のなさと練習不足を感じた。関カレまでにキレ良く動けるようにしたい。

     

    秋葉

    メンタル面💔,実力💪ともにまだまだだと思いました😞😞😞😞😞関カレには今回の反省をいかしたいです😁😁😁。

     

    秋葉君随分絵文字を使いますね笑

    来週はB1安井君が初レースです!

    東工大トライアスロン部 * 大会 * 12:06 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ