<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2018昭和記念公園トライアスロン大会 | main | 9/16 大井練 >>

白山白川郷ウルトラマラソン

0
    亀垣君にならってレース当日投稿。ただ、大切なブログを書いてない気がするB4原です。

    今回は白山白川郷ウルトラマラソンに本日出場してきましたので、ウルトラマラソンの魅力が伝わればいいなぁと思いながら書いた報告です。

    昨年は台風で中止になったので毎年エントリーはしているものの2年振りのウルトラマラソンでした。

    今年も大雨警報でやるかどうかが前日の18時に決まるというなかなか危ない状況だった。


    当日はPM11時起きで終電に乗って会場までのバスが出る松任駅へ。(バスが2時発で、タクシーだと3000円ぐらいかかるのでこのルートにした)



    スタート前は雨が降っていたものの、直前になって止んで曇りで涼しいという良い気候でのスタート。



    今回は最初20km登り、そこから30km下り、最後50km平坦という前半で脚が壊れて後半がしんどいというコースです。走る場所としては最初は山、後半に川と海という気候が良ければ(ココ重要)良い景色が楽しめるコースでした。





    ここからはレースレポートです。


    1年の時は102km、2年の時は118kmと案外初めての100キロマラソンだったので100キロの記録を残せると思い少しワクワクしていた。
    しかし、今回に向けては長くても20kmしか走っておらず、不安しかない中でのスタート。
    とりあえず腰を落としめで上半身の力で走ることを意識して脚に負担をかけないことを心掛けた。

    登り区間(0〜20km)
    最初数kmは平坦だったので適当に楽なペースで行くことに。時計を見るとキロ5程度だったのでまずまずの出だし。
    登りに入ってからはペースは落ちるものの、周りの人と比べると意外と前に出れたのでそのままを維持した。

    下り区間(20〜50km)
    登りがすんなり終わって一番脚へのダメージが多い下りへ。周りがガンガン下っていく中、のんびりと跳ねないように意識しながら走る。それでも30kmを過ぎたくらいから身体全体が重く、一瞬ある平坦な場所がすごく楽に感じた。

    平坦区間(50〜100km)
    平坦になって直ぐの所ぐらいから疲労で前に進まなくなってきたものの、騙し騙し走って良いペースで70kmまでは走れた。しかし、一気に疲労がきたのかそこからは全然前に進めなくなってしまった。とはいえ走っていた川沿いは強い追い風が吹いていたのでなんとかタイムはあまり落とさず走れた。
    このまま楽に走れればいいなと思っていると75km地点頃から大雨が降り始めた。さらに追い打ちをかけるように川が終わってラスト15kmぐらいからは向い風になって、ひたすら荒れた海を見ながら走るという何が楽しいのかわからない感じになっていた。まあ、逆に追い詰められて変に高いテンションで走ることはできたんですけど。

    番外(エイド)
    これのために出場しているかもしれない?エイド。今回はいつもより内臓がやられてて、後半はあまり食べる気が出なかったものの、前半にそばソフトや温泉サイダーなど地域のものを食べれて良かった。ただ、いちじくといちじく太鼓(いちじくを使ったどら焼き)を連続したエイドに配置したのが意味がわからなかった。後は炭酸系の飲み物がほとんどのエイドに設置されてて良かったかなと。


    結果です。
    8時間20分03秒 8位

    10kmごとのタイム
    55'14 55'36 44'00 46'53 44'47
    46'15 51'20 50'37 54'00 51'26
    目標はキロ5ペース切り(8時間20分)だっただけに非常に悔しい結果に。まあ、100キロマラソンの3秒は信号待ちやエイドいた時間を考えれば誤差なので良いかなと。順位は展開と走れてなさに比べて良かったものの、入賞が6位からなので残念といった感じ。



    レース中に撮った写真です。撮ってるときは結構下ってるのがわかるかと思ったけど、走りながらだから全然上手く撮れてない。
    ちなみにレース中はこれ以外撮ってないです。



    以上で報告終わります。
    来年は何人かで出たいですねー
    東工大トライアスロン部 * - * 14:26 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ