<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夏合宿最終日! | main | 白山白川郷ウルトラマラソン >>

2018昭和記念公園トライアスロン大会

0
    どうも!!!すっごい久しぶりな気がしますね、B1亀垣です!


    実際は気がするんじゃなくて本当に久しぶりにブログ書くんですよね〜。前の記事が合宿前の練習日記なので一ヶ月くらい書いてませんでした。

    なのでブログ書きたい欲が溢れに溢れてます。夏合宿後も色々あったのですがそれを語るとそれだけでこの記事が埋まってしまうのでそれはまた今度ということで。



    さて!今日(9/8)は昭和記念公園でトライアスロンの大会がありました!

    参加したのは

    夏合宿から一回も泳いでないB1亀垣

     



    あんまり練習してないとか言いつつ前日にさりげなくスイムの練習に行っていたB1秋葉

     



    初めてお会いしました!OBの田中さん!(正面の写真がフィニッシュしかありませんでした!)

     



    そのほかに、サポートとしてB2加納さん、B4関根さん、M2福田さんが来てくださいました!忙しい中本当にありがとうございました!!!

    大会なのに金が惜しい僕はまさかのデビュー戦なのに自走で行きました。行きはよかったのですが帰りがね・・・

    まあそんなことは置いといてまずは大会の準備!!トライアスロンの大会では腕に自分の参加ナンバーをマジックなどで書くらしいのですがこの大会ではシールみたいなのを糊付けする感じでした。

    こんなどうでもいいことをなぜ書いたのかというと・・・


    ミスった😭😭😭😭😭😭😭😭😭

    もう始まる頃には原型をとどめていませんでした・・・泣

    そんなことは置いといて(2回目)、スタートの前に試泳していざスタートラインへ!!!


    手をアホみたいにあげてるのが僕です笑

    そしてついに・・・

    スターーーーーーーーーーーーーーーーートォ!!!!!!

    秋葉は関カレ経験者なので驚かなかったと思いますが、僕はめっちゃびびってました。もう心の中では「やべえよやべえよ・・・」とビビり散らかしてました。

    先頭集団はあっという間に見えなくなり、遅い数人と僕は一緒に泳いでましたがもうすぐゴールというところで僕は思いました。

    「あれ・・・?スイムのゴールってどこだっけ?」

    いやーこれは盲点でした。始まる前は「どうせ周りに人いるからわかるわwwww」とか余裕ぶっこいてましたが、ゴールの直前は僕の周りには一人もいなかったのです。

    その結果・・・
    3 周 目 ゴ  ー  ル

    ここまでくると何か僕には才能があるんじゃないのかと思えて来ますね。本来は二周して少し泳いでスイムは終わりなんですけどね・・・

    ここで秋葉とはまさかの20分差、さすが関カレ経験者は違うぜ!なんて思っている余裕もなく急いでバイクスタート。


    田中さんかっこいい


    秋葉のサングラスが893みたい。かっこいい


    笑ってんじゃねえぞ亀垣ぃ!!!

    バイクはまあ普通に走れたと思います。特に面白いところもなかったので割愛

    最後の関門であるランはまじでしんどかったです。気温が高かったこともありかなりしんどかったです(2回目)

    あとはトランジ(競技が変わるところ)でスイムの周回数を間違えたことより上回る衝撃がありました。

    「靴の紐を・・・結んでおくの忘れてた」

    うーん、このポンコツ。

    そんなポンコツは置いといてランの写真。


    秋葉いかつい。かっこいい。


    田中さんみたいなランキャップ欲しい(願望)。かっこいい


    いい笑顔(呆れ)


    最後はフィニッシュの画像です!!!


    相変わらず満面の笑み


    めっちゃ速かった田中さん。



    この画像本当に893っぽい。


    そんな困難で色々ハプニングがありましたがなんとか完走することができました!!!

    今回でたくさんの課題を見つけれたので次に活かせるようしっかりと練習していきたいです!

    ここまで読んでくださりありがとうございました!!!

    (明日の大井練人来るといいな・・・)
    東工大トライアスロン部 * 大会 * 20:27 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ