<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自転車不満 | main | マラソンとか >>

スイムの基礎練「伏し浮き」

0
    JUGEMテーマ:トライアスロン


    はじめまして。エミです。数少ない貴重な女子部員の一人です。

    今日は、スイムのフォームを改革しようと、基礎「伏し浮き」をやってみました。
    伏し浮きとは、字の通り、水中で伏して浮く練習です。
    伸ばした手、肩、腰、踵が、一直線上に、水面少し出ている状態で浮けるようにします。

    人は泳ぐときに、前に進むのと同様に浮くのにも筋肉を使っています。
    ということは、より筋肉を使わずに浮けるようになれば、その分前に進むのに筋肉を使えます。(←先輩、合ってますか?)
    兎にも角にも、最小限の筋力で浮くことはスイムにおいて大事なんです。

    ということで、初めてやってみました。
    プールの隅で、溺れてると間違われないかドキドキしながら…

    初めは、体に余分な力が入ってしまって、キックしながらでないと足が水面に浮きませんでした。
    しかし、だんだん不要な力が抜けて、「体をピンとする」という意識だけで浮けるようになりました。
    たった10分しかやっていなかったのに、背筋がとても疲れました。
    けれど、その後は、蹴伸びがいつもより2割増くらい進む気がして、何かを掴んだのかもしれません!

    あとから思うと、水面に浮く姿勢は、
    「クラシックバレエの基本姿勢の肩をいからせた姿勢」や
    「チアリーディングの基本姿勢の余分な力を抜いた姿勢」や
    「倒立の腹筋を丸めず伸ばした姿勢」に似ている感じがします。

    「体に通した一本の軸を常に真っ直ぐに保つ姿勢」は様々なスポーツに共通しているんですね。


    ・・・というわけで、泳ぐの苦手な人でも、きっと大丈夫です!
    スイム経験者でないのに、インカレ本戦に出場された先輩もいるんで、練習さえすれば上達します!
    是非、東工大トライアスロン部の門を、いえ部室のドアを叩いてみて下さい!!



    P.S 今日の大発見と感動を伝えるつもりが、途中から勧誘になってしまいました笑
    この記事を読んで来てくれる新入生はほとんどいないと思いますが、自分の勧誘への意気込みが先輩方に伝われば、それで十分です。
    東工大トライアスロン部 * スイム * 23:49 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    ナイス小ネタ!(笑)
    バイク、スイムときたから、次は…
    Comment by KY @ 2011/01/23 12:24 AM
    >KY先輩
    コメントありがとうございます!
    こんな小ネタでよければいくらでも!!笑

    せっかく作ってもらったブログに貢献しようと、それはもう、勇気を振り絞って・・・笑
    文章を何度も推敲したり、途中でやっぱり書くのやめようかと思ったりして、書こうと決めてから終わるまで二時間近くかかりましたが、ちゃんと書ききって、最後に[投稿]をきちんとクリックできて、良かったです!涙

    次は誰がどんな(というか、ランの)記事を書くのか楽しみです♪
    Comment by エミ @ 2011/01/23 2:43 AM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ