<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2017夏合宿5日目最終日 | main | 昭和記念公園トライアスロン大会2017 >>

インカレ 2017

0
    どうも!少し暑さが和らいできましたね。B3の原です。


    今回は先日、日本学生トライアスロン選手権が行われたのでその報告です。






    今年はドラフティング講習会を受ける人がいないということで、大会前日に香川入り。
    飛行機で一気に高松へ!


    そして早速、会場へ向かいコース下見をしました。


    中州みたいなのができてますねぇ〜

    今回は昨年などよりも遠浅になっていました。




    午後からはインカレツアー組とも合流し、5人で観光のため豊稔池ダムへ!
    このマルチプルアーチという形は全国に2例しかないそう。


    以下、撮影タイム。

    ダムの上からパシャリ。あれ?誰か足りない。


    大槻さんが撮ってくれました。小さいし、逆光で全然見えない


    堤の手にのる後野と頭にのる原。なかなか綺麗に撮れてますね。








    観光の後は開会式

    昨年は優勝旗で、今年は優勝杯(代理で)を持つ水谷。2年連続で持つとはすごいですねぇ。







    そんな感じで前日は終了し、インカレ当日


    この日は陽射しは少し暑いが動きやすい気候でした。
    木を囲う為に作ったかのようなブルーシート。一定の間隔で座っているのが面白かったです。


    引き潮で浅くならないようにと予定を5分早めてスタートです!

    ここからは、レースレポートです。


    スイム
    レーススタートの号砲が鳴り、海に入ったところで飛び込む。しかし、浅すぎて再び立ち上がりまたダイブ。下手したら50m程度これを繰り返しようやくスイムがスタートした。最初の半周はひたすらバトルがあり、両脇からは腕が前からは脚がぶつかってきた。昨年は最初のブイまでで前と差ができていたのでこれはイケると思いながら泳いでいった。だが、1周目の復路でバトルが少なくなってきたためか、前のペースが上がり一気に離されてしまった。とりあえず近くにいた人に付いていき、浜まで到着した。ここからまた、立ち上がっては飛び込みを繰り返しこの区間が一番疲れるポイントだった。
    2周目以降は前の大集団から離れてしまったので周りにいた2、3人と泳いでいた。2周目が終わった段階で先頭が3周目の復路の中盤辺りにいるのが見えて、大分焦った。3周目はひたすらダッシュをしている感覚で少しでも前との差を空けないようにと心掛けていた。


    トランジション
    スイムが終わり、フィニッシュ地点の電光掲示板を見たら20分台のタイムを表示していて、実際のタイムが全く分からず混乱した。トランジでは関カレ同様にゼッケンベルトがうまくつけられず数秒ロス。それ以降はおおよそ上手くできた。

    バイク

    昨年、周回に入れずにカットされてしまったので、先頭とどれだけ離れているかはわからないがとにかく周回コースに入ろうと考え、ペース配分を考えずに踏んでいた。なんとか、周回コースに入れたのでそこからは近くにいた人と2人でまわした。しかし、そこまででバテてしまってあまり牽けずにほとんど前にいってもらってしまった。
    2周目に入り、後ろからの4、5人の集団に吸収され、集団で走ることに。先頭集団は結構近くまで来ていたため全員が全力を出している感じだった。しかし、力にバラツキがあるためかスピードの変化が大きく安定していなかった。そして、2周目の終わりの手前の橋で……





    終わり、終わり
    ※写真と声はイメージです。



    ということで2周目でバイクカットされてしまいました。


    今回のレースではレース自体には特に反省点はないですが単純にスイム力不足を感じました。2、3周目で同じ集団にいてもペースが全然違くて離されてしまったので、1500m同じペースで行けてないのだと思いました。





    これにてレースレポート終了!

    最後に集合写真をパシャり


    運営、応援ありがとうございました!





    この後は、
    灯台に行ったり、



    灯台に行ったりして過ごしました。






    ということでこれにて報告終わりです。
    東工大トライアスロン部 * 大会 * 16:25 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ