<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 渡良瀬スプリング 2017 | main | 関カレダービー >>

ironman70.3 セントレア〜小林ver.〜

0
    こんにちは。B2の小林です。



    6/11に愛知県、中部国際空港付近でironman70.3が行われました!




    70.3というのは全部で70.3マイルあるという意味で、ironmanレースの半分の距離



    swim1.9km
    bike 90.1km
    run 21.1km

    で行われます。




    レースへの出場を決めたのは1月。

    水谷さんに誘われ、ironmanという名前にも憧れ、申し込むことに。



    ironmanブランドに完全に惹かれました

    まだオリンピックディスタンスも完走したことのない状況で、
    スイムさえ乗り切ればあとは何とかなると思い、ポチ。笑



    (参加費はironmanブランディングで結構高かった…)



    ということで、1月からこの6月11日に向けてトライアスロンの練習を重ねていきました。



    今覚えば 走りのフォームが悪くて膝を壊したのが大会までの唯一の失敗でしたね。
    色んな方のアドバイスをもらいなんとか修正して間に合わせました。
    あとは練習が嫌いにならない程度にしっかり練習できました。

    やりすぎは燃え尽き症候群の元なので、趣味以上アスリート未満でゆるーく週4くらいで練習してましたね。

    そして、なにより、

    アイアンマン・セントレアの出場条件はオリンピックディスタンスを完走することでした。
    5月の横浜トライアスロンをまず完走して、完走賞を持ち込みいざセントレアへ!



    応援には大槻さん、岡野さん、福田さんが学校から、
    社会人1年目の松波さん、石田さんが沼津、京都からきてくれました!





    本当にありがとうございます。


    (部員は岡野さんの変化を感じ取って下さい)





    8:30に学校を出発し、14:00の選手説明会へ滑り込みました。


    早速『アイアンマン』ブランドのスタンプを手に押してもらいました



    選手説明会、選手受付、エキスポなどはすべて中部国際空港(セントレア)で行われます。

    セントレアはすっかりironmanムード。


    エキスポでスポーツゼリー(補給食)ironmanグッズを買い、トランジエリアへ。


    スタート地点、そしてトランジションエリアでもある新舞子マリンパークは車で30分なのです。




    おまけにバイクランのトランジションエリアはまたさらに内陸の運動場。
    さすがにここまでは行けないので、新舞子マリンパークで2ndトランジに必要なものを預けます。





    新舞子マリンパークで石田さん、松波さんと合流。お二人とも元気そうでした。是非今年の夏合宿にきていただきたいですね。






    無事バイクやらトランジバックやらを預け、夕飯は常滑イオンモールにて。


    今まで見たイオンモールの中で一番大きかった…

    鎌倉パスタ+パン食べ放題のカーボローディングを決めました。
    体内にグリコーゲンが沢山?




    サポートメンバーと別れ、大会と協力して宿を提供してくれていた東横インへ。



    10:00就寝。

    翌朝は大会に合わせて4時から朝食を提供してくれました。非常にありがたいですね。
    私たちは9:30スタートなので、6時ごろ朝食を済ませ、スタート地点へ。(バスで30分)




    人口砂浜だったので、砂浜は綺麗でした。

    スタートまでめちゃくちゃ長くなってしまいましたが、ここからレースレポートします。


    スタートはスタンディングスタート。
    前日から潮流があるとかで、往復コースの行きがいつもの1.5倍くらいかかるからとか脅されていたので少し不安だった。
    でも、スタート地点に並んで白戸太郎さん(本をお勧めします!)を崇めることができて、元気が湧きました。



    いざスタート。




    バトルが激しい。



    足を引っ張られたり、上に乗ってきたり、前を塞がれたり、今までで一番キツイバトルでした。



    でも、これだけ周りに人がいると安心感も貰っていました。

    スイムの制限時間は1時間10分。


    1時間くらいで帰ってくるのかなと思ってたら、リザルトは0:45:10!



    割と体力は残っているので、この余裕そうな感じ。陸に上がった喜びもありますが、この人はバイクがよほど楽しみなのでしょう。



    90kmの旅のスタートです。





    楽しぃぃいいいい!!!


    62kmくらいまで4周の周回コース。

    ave30は余裕で超えてたと思います。
    エアロバーを握り、ペダルを快調に回すことができ、勝手にスピードがでました。



    しかし周回コースが終わり、内陸に入るとアップダウンの激しいコース。
    Uターンが多く、登った後に得た位置エネルギーを使えません()


    ランのことも考え、インナーでコロコロ回します。



    そして、約3時間の戦いが終わり、ランパートへ。





    補給食で狙っていたスポーツようかんを獲りに行くの図。



    補給食ですが、舐めていました。ザバスゼリーが想像以上に甘かった(当たり前)
    短時間で高エネルギーを補給するというのはこういうことかと。

    補給時にこぼしてしまい、バイクも口もネチョネチョ。

    エキスポで買ったスポーツゼリーはそこまで甘くなく、ネチョネチョもしないし、一番美味しかったので、お勧めです。



    さぁ。ハーフマラソンの始まりです。


    気温はそこまで上がらなく、水をかぶった後、日陰では少し寒いと思うくらい。
    適温でした。


    キロ5:30〜6:00を目指しましたが、やっぱり垂れてしまいました。



    アップダウンも激しく、激坂が何度もありましたが、歩いたらかえって苦しくなることが分かったので、姿勢を保ち、顎を引くのを意識して走りました。


    ランは2kmおきの看板、エイドが大変助かりました。

    そして、ほとんど途絶えることのない声援。

    ボランティアの方々の声援に応えながらなんとか足を進めました。



    残り3kmでバイクで抜かした水谷さんに追いつかれ、3分差でゴール。





    最後は自然と涙が出てきそうでした。










    この写真めっちゃ好き



    メダル、フィニッシャーズTシャツをもらって記念撮影。








    長かった分、達成感が本当にすごかった。


    楽しかったです。

    応援してくれたサポートメンバー、並びに友人、家族、サンキューです!!




    帰りの車にて。


    ポチ。


    来週でます。

    学生レースはスプリント以外出たことがないので、せっかくなので、でます。


    壊れない程度にこれから練習します!

    では、長くなりましたが。


    see you!
    東工大トライアスロン部 * 大会 * 21:30 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ