<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 渡良瀬スプリント2016 | main | 学内駅伝大会2016 >>

箱根駅伝予選会@昭和記念公園(東京都立川市)

0
    久々にブログ更新します。気持ちはまだまだ現役、修士一年の武田です。
    10/14に昭和記念公園において箱根駅伝の予選会が開催されました。
    東工大の大学院チームに武田と萩原、田野倉が出場しました。


    正月にお茶の間を賑わせるあの箱根駅伝です!
    テンションあがりますね。
    東工大の大学院としては初出場、大学院として東大、筑波に次ぐ三校目の出場ということになります。
    なんかすごいですね。

    予選会に出場するのは難しく、5000mを16分30秒以内の記録を持つ選手を10人以上そろえなければいけません。
    まず有望な選手をスカウトしていくことから始まったそうで、もうパワ○ロのサクセスみたいなアレ状態ですね、はい。
    トラ部から3人、他大から大学院に進学した人も2人集めて、ようやっと出場にこぎつけた感じです。
    まぁその辺は割愛。


    とりあえずトラ部の出場選手紹介です。


    私、武田直樹 (M1) スタート前に鋭気を養う
    12月頃から陸上部の練習に参加し、5月の記録会で16分20秒で標準を突破。
    自転車大好き。イケメンも大好き。


    萩原健太 (M1)
    ツムツム大好きのイケメン。ランはもちろんスイムもくそ強く一年の時からインカレを完走する猛者。
    筆者と同時期から陸上部の練習に参加し、同じ大会で16分24秒で標準切り。


    田野倉佑介 (M2)
    早稲田の競走部に在籍していた超エリート。10000mを29分台で走る化け物。
    実力は十分すぎるが、日夜研究に追われ練習時間の確保すら非常に困難。
    どこまで実力を取り戻せるか!?


    大槻恒太 (M1)
    筋肉量ならトラ部一。今回は惜しくも標準が切れず、今大会は陸上部さんと一緒にサポートをしてくれた。
    来年こそは16分半を切って出場だ!5000ベスト16分41秒


    軽くコース説明ですが、全長20キロで最初の13kmは平坦な市街地。残りは公園内のアップダウンのあるサイクリングコース。
    当日は気温が上がりなかなか厳しいコンディションでした。

    筆者はスタート直前にトイレに行きたくなってしまい、そのままスタートしてペースを上げられず大ピンチ。
    落ち着いてきた5km地点で運よく田野倉さんを見つけて16,7km付近までくっついていきました。
    最後のアップダウンは気合いでなんとか乗り切り、最後のほうで萩原を抜かしました。
    ゴール直前に数人抜いてガッツポーズ。
    ちゃっかりインタビューの合間にテレビに映ってしまう。

    キツかったけど沿道を埋め尽くす応援と、前を走る田野倉さんのおかげで無事ゴールまでたどり着けました。



    走ってる写真が私しか見つからず…


    誰もガッツポーズなんてしてないことに最近気付いたもよう



    とりあえず結果
    武田  519位 1:11:35
    萩原  531位 1:11:54
    田野倉 551位 1:12:45
    (完走584人中)

    チーム順位 49位/50チーム

    やはり順位では太刀打ちできず。
    ただ、なんとか出場にこぎ着け、全員が完走し、チームとしての記録も残せて良かったです。

    以下ギャラリー

    集合写真…?


    気を取り直してパシャリ。


    選手たちで。田野倉さんの熱い思いが伝わってきますね!


    レース後の水分補給!ああ^〜たまらねーぜ


    実は来年も人数が不足していて出場が不確定です。
    我こそはというM1、B4の方はぜひぜひご連絡ください
    一緒に予選会を目指しませんか?


    東工大トライアスロン部 * 大会 * 14:06 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ