<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 合宿4&5日目 | main | インカレ2012 in 観音寺(前編・準備) >>

湘南オープンウォーター for 10km

0
    どうも、松波です
    合宿のブログも終わり、どうせなので、8月25日に行われた湘南OWS10kmのブログをついでに書きまーす




    朝4時起きで5時20分ごろの電車にのり、逗子まで行きました。ついてみると、意外と人がいました。よくよく思ったけど、初めて一人で大会に出たので終始緊張気味。あんまり食事ができませんでした。
    コースは、最初の1kmは湾内を1周します。この時に制限タイムの20分を超えてしまったものは即中止となってしまう。その後は、江の島に向かってひたすら泳ぐのだが、5kmの制限時間は100分、ゴールは3時間30分となっています。
    湾内の風景
    江ノ島だー。この方向に向かってだいたい泳ぐらしい。

    最初にコース説明があったが、全くわかりませんでした。。。隣の人と話したらお互い湘南オープンウォーターは初参加。「何とかなりますよ(笑)」という貴重なアドバイスをいただきました。
    スタートの合図で「最初は泳ぐかな?」と思ったらなんとみんな走り出すではないか!!!深さは、ひざ上ぐらいまでだから走れなくはないため、ランの苦手な僕は瞬く間においていかれました。湾内を1周するときは前方に人がいたので追いかけて後ろにつきました。1kmを過ぎたころに前の集団と少し差があり、先頭が遅いこともあって迷わずアタック!!!!!すると、隣で一緒に頑張ってくれる人がいた。ちなみにその人は僕より10cmぐらい手前で泳いでいたので実質僕1人で頑張りました。
    そこから江ノ島の方向に向かうなー、と思っていたら大海原の方向に向かっていった。全く方向が違うわー(泣)、という状態でした。

    そんなこんなで残り6kmという看板を見たときは、10kmなんて余裕じゃん、と感じながら泳ぎました。しかし、そこから半分の地点にある給水ポイントまでの道のりは相当きつく感じました。おそらく残り6kmじゃなくて7kmだったのではないか!!!?というふうに感じながら泳いでいました。給水したら集団においていかれ、少しの間、1人で泳いでいました。すると後ろから5人くらいの集団がいたので混ぜてもらうことに。いいスピードで進むことができた。しかし、前方に人の気配や標的物が見つけられないこともあり、探すのに苦労しました。残り4km付近から、おなかがすいてきました。全く腕に力が入らなかったし、トライスーツとすれてできたと思われるところが痛くなり出しました。がんばって集団についていくことができずに1人後ろに下がっていきました。横には海岸線の道路がみえていて、自転車でこいだらあっという間だなと強く感じながら泳がざるを得なくなっていました。給水ポイントは残り2km付近だ、ということは知っていたので、「そこまででバテたら海に沈んでしまうぞー!!!」という強い気持ち(恐怖?)で無我夢中で追いかけました。このころから、前の人たちを見失うようになり、「迷子だー(泣)」と感じるようになりました。やっとのことで給水ポイントに到着して距離と今の時間を聞きました。すると残り約1.5kmで現在11時32分だと。なんと、頑張れば目標の3時間を切ることができるのではないか!!!ということで力がみなぎってきて淡々と泳ぐことができました。

    一つ重要な問題だったのが、方向の問題。江ノ島付近は、波がまあ高かったこと、それによって目標物や前方の人を見つけるのが至難の業でありました。そして、波に対して斜め45°に進んでいるのに波が来たら全く方向が違う、ということが多くありました。やっとの思いでゴールらしきブイを通過してもどこに上陸していいか全くわかりませんでした。そして、最後に2つの事件が起こります。一つ目は、「足がつける!!」と思って足を着いた瞬間に後ろからとてつもない大きな波がぶつかってきて水に引き戻され、砂によって視界が悪くなり、息もできず、全く抵抗できないと状態に陥りました。津波が迫ってきたらこのようになるんだと初めて実感しました。もう一つは、その津波らしきものに出遭った直後に外国人の人が隣にいたことです。立ち上がりが僕のほうが一瞬遅れたために、外国人の人は走ってゴールまで行ってしまいました。僕は負けたくなかったのか、トライアスロンのトランジだと思ったのかわからないですが走って追いかけました。ゴール付近の砂浜に大会スタッフがいて「走らないでください」と声をかけていました。しかし、僕は日本人であるのに対して相手は外国人。言葉の差で僕は半ばあきらめモードに。そのため、ゴールでは4秒ほど負けてしまった。(最後らへんは歩いてた。)
    終わったー!!、と思って歩くと、なんと大島さんとデカさんを発見。一人で大会に来て少し寂しかったけど、先輩方を見たとたんにそれが吹き飛びました。ありがとうございます。
    結果は2時間55分39秒でした。男子全員で220人ぐらいいてその中で43位でした。女子を含めるとややこしいのでやめときます。前半飛ばさない&後半たれなければ30位以内に食い込むことができたのではないかという後悔が実はあります。
    こんな状態でよく大会ができたな・・・
    逗子で見た大きさと全く違うわー
    完泳者に贈られるメダル

    やはり、OWSは泳力の差でなく経験の差が大きく左右してくると思いました。今後トライアスロンをやっていく上で、この大会に出られたことは、非常に良かったです。またロングの大会の完走にまた一歩近づいたと思います。OWSに出ておくとこれからのスイムに非常に楽になります。来年は、この大会じゃなくてもいいですが、みんなで挑戦してみませんか?

    ちなみにスイムの大会なのになぜかランで負けたことが非常に悔しいです。
    来年は、出る人がいれば前向きに考えときます。

    東工大トライアスロン部 * スイム * 16:40 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    積極的なブログ更新nice!!
    Comment by デカ @ 2012/09/06 9:19 PM
    画質ww
    なにはともあれ、お疲れ!
    Comment by i @ 2012/09/07 10:48 PM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ