<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

昭和記念公園トライアスロン大会2017

0
    こんにちは!この前ハタチになったB1神谷です。
    先日立川市で開催された昭和記念公園トライアスロン大会に参加してきました。
    トラ部からは僕と同じくB1の堤さん、それとアクアスロン大会の方に福田さんが出場しました。


    他の大会でもそうなのでしょうか?会場がとても賑やかで驚きました。
    高校時代は運動部に所属していたのですが、そのころのような殺伐とした大会とは大きく異なった雰囲気で新鮮でした。
    今回一番心に残っているのはこのことかもしれません(笑)







    それでは、リザルトの発表です!

    福田(スイム/ラン/合計)
    0:14:04 0:20:56 0:36:42 (14/54)

    神谷(スイム/バイク/ラン/合計)
    0:14:23 0:43:32 0:17:29 1:15:24 (63/476)

    堤(スイム/バイク/ラン/合計)
    0:12:51 0:48:48 0:22:32 1:24:11 (13/78)


    僕にとっては初のトライアスロンでした。
    (合宿でも雨でミニトラが中止になったのでホントに初)
    前日まで緊張していたけれど、意外となんとかなってしまいました。
    しかしスイムが悪い…
    押し合いみたいなバトルもあって泳ぎづらかったですね(言い訳)
    これけっこう精神的にもつらかったんですが…
    普通はもっと激しいバトルらしく、押し合いどころの騒ぎではないそうで。
    もぅマヂ無理。
    楽しみです。







    当日はたくさんの方が応援に来てくださいました!
    ありがとうございましたm(_ _)m
    たくさん写真も撮っていただきました↓



    スイムがプール。この大会を選んだ決め手。


    堤さん。インカレツアーにも参加してやる気十分です。


    B1の僕達のお世話までしてくださった福田さんにはホントに感謝です。


    無事ゴール!


    お疲れさまでした!








    そしてなんと…



    堤さんが年代別2位に入賞!!
    おめでとう!



    メダルいいなー





    という訳で、最後は輪行で帰りましたとさ!


    そういえば輪行も初でした。



    最後まで読んでいただきありがとうございました!
    ブログ書くのって難しいですね(笑)
    東工大トライアスロン部 * 大会 * 11:41 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    野尻湖トライアスロン

    0
      雨の多い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
      M2の大槻です。


      東工大のトライアスロン部は恒例の夏合宿を終えたところです。
      個人的な話ですが、学生最後の夏合宿は非常に楽しかったです。
      企画してくれた幹部学年に感謝しています。


      さて、今回は表題のとおり7/2に出場した野尻湖トライアスロンについて報告します。










      合宿のブログだと思った?









      残念!野尻湖でしたー(画像は武田です)

      元ネタが知りたい人は「残念 さやかちゃん」で検索してください。


      野尻湖のトライアスロンに申し込んだ理由は2つ
      ・せっかく地元で開催されているので、両親に見てもらいたい
      ・去年の結果からすると入賞できそう


      長野観光に燃える愉快な同期(武田、菅沼)と一緒に野尻湖入りしました。
      前日は非常に強い雨で、試走することはできませんでした。

      実家に滞在したので実家近くの別所温泉に入りました。

      真田丸でおなじみ、真田幸村ゆかりの地だそうです。


      翌朝、5時に起きて出発するといきなり悲報が!
      大会HPに「スイム1.5km ラン11km のアクアスロンに変更します。」と記載されていました。










      トライアスロンだと思った?










      残念!アクアスロンでしたー(画像に残念感がない)


      結果は簡潔に、

      スイム:27'38 69位/300人

      関カレの反省を生かしてブイを回った後に立ち泳ぎで方向を確認してから泳ぐようにした。
      ゴーグルが曇って、拭く時間分ロスしたが、週1のスイムでここまで維持できていれば上出来だと思っています。

      ラン:44'49 6位/298人

      トランジの時に年代別でも先行されていることが分かったので、キロ3'50くらいで突っ込み気味に入った。
      アップダウンがあったのでトータルではキロ4ペースを超えたが、ペースはそれほど落ちず、ごぼう抜きができた。


      トータル:1°13'57 20位/298人(24歳以下4位/8人)


      年代別1位の人は総合2位だったので、(ルール上、年代別の順位は総合入賞者を除いた順位になるため)表彰されるつもりで本部に確認すると...
      「ルールを変更して総合入賞と年代別入賞を重複で表彰します」とのこと...









      年代別3位だと思った?









      残念!4位でしたー(もう限界)


      一応、バイク競技があれば年代別3位になれたかなー

      ああだこうだ言っても結果は変わらないので、この悔しさは他の大会にぶつけます。

      帰りに近くの渋温泉に入ってきました。
      金具屋は千と千尋の神隠しに登場する油屋のモデルの一つだそうです。

      温泉は想像を絶する熱さでした。

      初観戦の両親にルールを説明したり、いろいろとサポートをしてくれた武田と菅沼本当にありがとう。

      これからも大会頑張っていきましょう!

      (残念!タオルが上下逆でしたー)
      東工大トライアスロン部 * 大会 * 18:04 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      関カレ

      0
        こんにちは、B2の後野です。
        この度は更新が遅くなってしまい申し訳ありません!もう関カレから3週間ほどが経っていますが…。ブログ書いていきたいと思います。
        初日は移動+試走+開会式でした!
        自分は、自由が丘で荷物を電車の中に忘れてしまい若干遅刻しましたが、キチンと集合して時間通りに出発です。
        道中もそこまで混んではいなかったので、お昼過ぎには試走できました。初の関カレコースをとりあえず走ってそのまま開会式へ。
        開会式では、毎度おなじみらしい太鼓の演奏を楽しんで、レースについての説明会を聞きました。

        もちろん僕もちゃんと聞きました!
        その後は宿で美味しい夕食と、oknさんの隠し芸をたくさん見て、明日のためにシッカリと休養をとりました。






        いよいよレース当日!
        まずはリザルトです。(敬称略)

        27'01" 1-03'29" 34'22" 2-04'52" (39/238)
        関根
        26'03" 1-02'46" 40'24" 2-09'13" (81/238)
        大槻
        30'51" 1-09'14" 40'55" 2-21'00" (154/238)
        後野
        26'34" 1-11'19" 45'58" 2-23'51" (167/238)
        福田
        28'20" 1-16'33" 47'07" 2-32'00" (204/238)
        アンドレアス
        30'47" 1-19'52" 49'45" 2-40'24" (219/238)
        小林
        34'45" 1-26'20" 49'03" 2-53'44" (43/48)

        以下レースレポートです。
        当日は、朝方少し雨が降っていたがレース前には上がってくれたので天気的には良かったと思う。スタッフで来ていた水谷さん、松田さん、小野寺、堤に応援してもらって気合い十分でスイムに臨んだが、想像以上の冷たさとバトル、OWに参ってしまい。スイムで全然思うように泳げなかった。結果、上がって見たら26分。目標の23分台には遠く及ばなかった。メンタルがだいぶやられたままバイクへ。バイクは、上りが20km/h後半しか出なかったので平坦と下りでなんとかついて行くという感じであった。とりあえずドラを取られないようにだけ気をつけた。ランは、もうバッテバテ。1周目は足が全く動かなくてもうやめたい…ってなるレベルだった。それでも原さん、大槻さんに励ましてもらい2周目はなんとかキロ4で走れたと思う。全体を通して、どの種目も良かったものが残念ながら無かったが、まずはODを完走できてホッとしている。今後はまず、スイムをより強みにしていこうと思った。その後、バイク、ランを伸ばしていければいいと思う。とりあえず、次は合宿で頑張りたい。


        以下、写真でーす!


        スイム前の後野、まだ顔に元気があります。

        笑顔の爆走、原さん。ランラップ一位おめでとうございます!


        部内スイムアップ一位の関根さん。次は負けません!スイマーなのに負けてしまった自分が恥ずかしい


        トラ部として初レースのアンドレアス。軽快な走りです!



        今回は学連帽子未装着の福田さん。合宿でその姿が見られるのか気になります!



        ランのとき励ましてくださった大槻さん。サンキュウです!!



        もうODは手慣れた様子の小林。笑顔でランとか凄すぎます。

        スタッフで来てくれた、一年コンビ!楽しそうで何よりです。僕もスプリントでは参加します。



        サポートで来てくださった、篠嶋さんと岡野さんはミヤマクワガタに大興奮だったそうです。確かにかっこいい。


        最後に集合写真をパシャり。個人的には原さんのポーズにツボりました笑

        スタッフで来てくださった、水谷さん、松田さん、小野寺、堤、サポートで来てくださった篠嶋さん、岡野さん、ありがとうございました!!

        あと今度はもっと早くブログ更新します!では、長い文章読んでくださり、サンキューウです!
        東工大トライアスロン部 * 大会 * 13:31 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        関カレダービー

        0

          こんにちは!B2の後野です。関カレまで、あと5日ですが…。

          関カレダービー!をやりたいと思います。遅くなってすいません!


          ルールは通年通り、大会に出場する部員の中で上位1位、2位、3位を予想してコメントに書き込むだけです!それでは、評価基準は、S〜Cの四評価です!自分が勝手に判断してしまっているので、おかしな部分は多々あるとは思いますが…それでは早速行きましょう!




          No.1 M2大槻さん

          (s:B b:A r:S)

          Meisterもあり、圧倒的先輩な大槻さん。ランで一気に追い上げてくるので、苦手(らしい)なスイム後のバイクでどこまで上がって来れるかが勝負所ではないでしょうか。事前のレース展開では、ベストを5分も縮めているのでそこにも注目です!


          No.2 M1福田さん

          (s:A b:B r:B)

          『学連の鏡』福田さん。渡良瀬では、スイムが好調という印象を受けました。そのスタッフ力から、学連の人からの信頼も厚く、渡良瀬ではランのとき応援してもらえたそうです。羨ましい。関カレは初出場とのことですが、スイムと、応援ブーストが入ったランに注目です。


          No.3 B3原さん

          (s:A b:S r:S)

          インカレ出場筆頭候補の原さん。カーフマンチャンピオンシップ出場者、渡良瀬ではランラップ1位という、圧倒的ランナー。バイク、スイムも速く、穴がないです。自分の中では、やはりダービー1位も濃厚といった感じです。


          No.4 B3関根さん

          (s:A b:S r:A)

          インカレ初出場を狙う、関根さん。バイク、ランはもちろん、渡良瀬ではスイムアップ部内一位で、スイムもどんどん力がついてきています。ただ、現在シンスプリントの怪我があり、復調気味ですが心配です。インカレ出場目指して頑張ってください! 


          No.5 B2後野

          (s:S b:B r:B)

          OD初出場後野です。間違いなくスイムで逃げる形です。逆にスイムアップ一位じゃなければ終わりです。

          どこまで、逃げられるかが勝負です。最後のランがだいぶ不安ですが、頑張ります! 


          No.6 アンドレアス

          (s:B b:B r:B)

          新トラ部部員のアンドレアス!三種目通しての実力は未知数ですが、ガチムチな肉体を持つ、イケメンさんです。ドイツでは、トライアスランの経験があるそうなので、その経験値に期待が高まります。 


          B2小林

          (s:B b:A r:B)

          ダービーには直接関係ないですが、ご紹介です。最近、横浜、セントレアと着実に距離を伸ばしている小林。そろそろニュージーランドかな?もうODは、余裕でしょう。あさひからもらった決リンでブチ抜いてくれるのか楽しみです。今回つけてるのかは知りません。



          とまぁ、こんな感じで書かせていただきました!予想のお役に立てれば幸いです。

          自分の予想としては、当てにいくなら、

          1位 原さん

          2位 関根さん

          3位 大槻さん

          ですね。

          ただ、3位に食い込んでやる!という気合いにつなげるためあえてここは、

          1位 原さん

          2位 関根さん

          3位 後野

          という予想でいきたいと思います!


          皆さんも、ぜひぜひ予想してください!





          最後に、今回は関カレに出ない一年生は、スタッフという形で参加だと思います。自分たちの出る大会の運営に関わるのは大切なことだと思いますので気を引き締めて臨んでください!

          まだ一度もスタッフをしたことがない後野より


          それでは、ここまで読んでくださりサンキューです!!

          東工大トライアスロン部 * 大会 * 07:35 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

          ironman70.3 セントレア〜小林ver.〜

          0
            こんにちは。B2の小林です。



            6/11に愛知県、中部国際空港付近でironman70.3が行われました!




            70.3というのは全部で70.3マイルあるという意味で、ironmanレースの半分の距離



            swim1.9km
            bike 90.1km
            run 21.1km

            で行われます。




            レースへの出場を決めたのは1月。

            水谷さんに誘われ、ironmanという名前にも憧れ、申し込むことに。



            ironmanブランドに完全に惹かれました

            まだオリンピックディスタンスも完走したことのない状況で、
            スイムさえ乗り切ればあとは何とかなると思い、ポチ。笑



            (参加費はironmanブランディングで結構高かった…)



            ということで、1月からこの6月11日に向けてトライアスロンの練習を重ねていきました。



            今覚えば 走りのフォームが悪くて膝を壊したのが大会までの唯一の失敗でしたね。
            色んな方のアドバイスをもらいなんとか修正して間に合わせました。
            あとは練習が嫌いにならない程度にしっかり練習できました。

            やりすぎは燃え尽き症候群の元なので、趣味以上アスリート未満でゆるーく週4くらいで練習してましたね。

            そして、なにより、

            アイアンマン・セントレアの出場条件はオリンピックディスタンスを完走することでした。
            5月の横浜トライアスロンをまず完走して、完走賞を持ち込みいざセントレアへ!



            応援には大槻さん、岡野さん、福田さんが学校から、
            社会人1年目の松波さん、石田さんが沼津、京都からきてくれました!





            本当にありがとうございます。


            (部員は岡野さんの変化を感じ取って下さい)





            8:30に学校を出発し、14:00の選手説明会へ滑り込みました。


            早速『アイアンマン』ブランドのスタンプを手に押してもらいました



            選手説明会、選手受付、エキスポなどはすべて中部国際空港(セントレア)で行われます。

            セントレアはすっかりironmanムード。


            エキスポでスポーツゼリー(補給食)ironmanグッズを買い、トランジエリアへ。


            スタート地点、そしてトランジションエリアでもある新舞子マリンパークは車で30分なのです。




            おまけにバイクランのトランジションエリアはまたさらに内陸の運動場。
            さすがにここまでは行けないので、新舞子マリンパークで2ndトランジに必要なものを預けます。





            新舞子マリンパークで石田さん、松波さんと合流。お二人とも元気そうでした。是非今年の夏合宿にきていただきたいですね。






            無事バイクやらトランジバックやらを預け、夕飯は常滑イオンモールにて。


            今まで見たイオンモールの中で一番大きかった…

            鎌倉パスタ+パン食べ放題のカーボローディングを決めました。
            体内にグリコーゲンが沢山?




            サポートメンバーと別れ、大会と協力して宿を提供してくれていた東横インへ。



            10:00就寝。

            翌朝は大会に合わせて4時から朝食を提供してくれました。非常にありがたいですね。
            私たちは9:30スタートなので、6時ごろ朝食を済ませ、スタート地点へ。(バスで30分)




            人口砂浜だったので、砂浜は綺麗でした。

            スタートまでめちゃくちゃ長くなってしまいましたが、ここからレースレポートします。


            スタートはスタンディングスタート。
            前日から潮流があるとかで、往復コースの行きがいつもの1.5倍くらいかかるからとか脅されていたので少し不安だった。
            でも、スタート地点に並んで白戸太郎さん(本をお勧めします!)を崇めることができて、元気が湧きました。



            いざスタート。




            バトルが激しい。



            足を引っ張られたり、上に乗ってきたり、前を塞がれたり、今までで一番キツイバトルでした。



            でも、これだけ周りに人がいると安心感も貰っていました。

            スイムの制限時間は1時間10分。


            1時間くらいで帰ってくるのかなと思ってたら、リザルトは0:45:10!



            割と体力は残っているので、この余裕そうな感じ。陸に上がった喜びもありますが、この人はバイクがよほど楽しみなのでしょう。



            90kmの旅のスタートです。





            楽しぃぃいいいい!!!


            62kmくらいまで4周の周回コース。

            ave30は余裕で超えてたと思います。
            エアロバーを握り、ペダルを快調に回すことができ、勝手にスピードがでました。



            しかし周回コースが終わり、内陸に入るとアップダウンの激しいコース。
            Uターンが多く、登った後に得た位置エネルギーを使えません()


            ランのことも考え、インナーでコロコロ回します。



            そして、約3時間の戦いが終わり、ランパートへ。





            補給食で狙っていたスポーツようかんを獲りに行くの図。



            補給食ですが、舐めていました。ザバスゼリーが想像以上に甘かった(当たり前)
            短時間で高エネルギーを補給するというのはこういうことかと。

            補給時にこぼしてしまい、バイクも口もネチョネチョ。

            エキスポで買ったスポーツゼリーはそこまで甘くなく、ネチョネチョもしないし、一番美味しかったので、お勧めです。



            さぁ。ハーフマラソンの始まりです。


            気温はそこまで上がらなく、水をかぶった後、日陰では少し寒いと思うくらい。
            適温でした。


            キロ5:30〜6:00を目指しましたが、やっぱり垂れてしまいました。



            アップダウンも激しく、激坂が何度もありましたが、歩いたらかえって苦しくなることが分かったので、姿勢を保ち、顎を引くのを意識して走りました。


            ランは2kmおきの看板、エイドが大変助かりました。

            そして、ほとんど途絶えることのない声援。

            ボランティアの方々の声援に応えながらなんとか足を進めました。



            残り3kmでバイクで抜かした水谷さんに追いつかれ、3分差でゴール。





            最後は自然と涙が出てきそうでした。










            この写真めっちゃ好き



            メダル、フィニッシャーズTシャツをもらって記念撮影。








            長かった分、達成感が本当にすごかった。


            楽しかったです。

            応援してくれたサポートメンバー、並びに友人、家族、サンキューです!!




            帰りの車にて。


            ポチ。


            来週でます。

            学生レースはスプリント以外出たことがないので、せっかくなので、でます。


            壊れない程度にこれから練習します!

            では、長くなりましたが。


            see you!
            東工大トライアスロン部 * 大会 * 21:30 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            渡良瀬スプリング 2017

            0
              こんにちは!今年度初レース、B3の原です。


              先週、横浜トライアスロンがあって今年もトライアスロンのシーズンが始まったって感じですね。


              それはさておき、つい先日5/21(日)に渡良瀬スプリングが行われました。それに参加してきたのでその報告です。


              まずは、出場選手の紹介から。

              B3からはここ数ヶ月、足の怪我に悩まされてる関根と、ここ1週間喉の調子が悪い原。



              次にM1、もらった帽子を常にかぶる学連の鑑、福田さん。



              そして、社会人になっても渡良瀬には毎年参加、OBのデカさん。

              今回はこの4人で出場してきました。

              大会前日は何事もなく移動のみで終了。





              そして、大会当日

              この日の最高気温は33度と暑い上に陽射しも強かったです。その分、水温は冷たいといったことはなく泳ぎやすいぐらいでした。


              まずは、リザルトです。(敬称略)

              (スイム バイク ラン 総合 順位)
              オープン男子 152人完走
              原 26'55 1°04'28 34'34 2°05'57 25位
              福田 27'11 1°18'14 47'28 2°32'53 140位
              関根 25'05 1°02'08 DNF

              スタンダード男子 194人完走
              渡邉 24'55 1°06'47 41'14 2°12'56 7位






              ここから、レースレポートです。

              入水チェックを軽目に済ませる。この時、ウェットスーツのチャックが空いていることに気づく。スタート前に気付いてよかった(フラグ)。

              そして、レーススタート!

              スイム
              東工大は全員が第一ウェーブでのスタート。スタート直後、今までのレースの中で一番バトルが激しかった気がする。前に進んでいるというよりも、その場で足掻いているといった感じだった。関根はそこまでバトルは無かった模様。
              折り返しの半分ぐらいまでいったところで、大分泳ぎやすくなった、と思ったところで事件発生!腕によく水が入ってくるなぁと思っていると、ウェットスーツの後ろのチャックが空いていることに気づく。速攻でフラグを回収していく。泳ぐたびに背中に抵抗を感じて全然進んでいる感じがしなかったです。
              1周目の折り返し付近で後ろからのウェーブに追い付かれたのでだいぶ遅いのかと思いながら泳いでいた。スイムのタイムは27分程度で昨年より30秒ほど遅かった。関カレまでに25分を切れるようにしたい。
              そして、スイム終了。

              東工大の一番目のスイムアップは関根。思っていたよりタイムが良かった模様。


              福田さん。スイム中、袖無しのウェットスーツの人を見るたびに福田さんかと思ってました。


              バイク
              最初のうちは38〜39程度を目指していたが意外と疲れていて徐々にスピードが落ちていってた。折り返しを過ぎたあたりで後ろから抜かしてきたので、ドラフティングにならない程度に着いていきペースを整える。その後は38〜41ほどを維持できたので満足。



              バイクの原。全く余裕のなさそうな顔ですね。


              大集団に入ってしまった関根。ドラフティングをとられるも宣言通りバイクまでで終了。走れていればだいぶいいタイムになったはず。


              ラン
              相当暑いのだろうと思って走り始めたもののあまり暑さは感じなかったが、足は全然動かなかった。あと、目に虫が入ってまともに目を開けられなかった。バイク中も口に入ってきたので、虫に恐怖を抱きながら走ることに。登りが弱くてペースが一気に落ちてしまったので坂のある場所も練習に取り入れていきたい。タイムは昨年より遅かったものの、オープンでランラップ1位を取れたのは嬉しかった。


              そんな感じでゴールです。



              このあとは、スタンダード男子のデカさん。


              余裕を感じさせながら、昨年よりもタイムを伸ばしていてさすがです!




              デカさんの応援の間になぜか後転してましたね。後野はセンスがありましたね。体操ではなく笑いのセンスが…。




              これにてレース終了です。



              応援やスタッフ、ありがとうございます!


              1ヶ月後には関カレがあります。今回より多くの人が出ると思いますがそれぞれの目標に向けて頑張りましょう!

              以上で報告終了です。



              最後に集合写真をパシャり。
              東工大トライアスロン部 * 大会 * 17:50 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              横浜トライアスロン

              0
                こんにちは。あっという間にB2の小林です。


                新歓も一段落し、B2(2人)の3倍以上の人数の新入生が入ってくれて、
                安心しております。入部ありがとう!!!



                5/13,14で横浜トライアスロンが行われ、エイジの部で参加してきました!



                愛し横浜で念願のトライアスロン!



                初オリンピックディスタンス

                でもあり、少し緊張しました。



                (というのも、このオリンピックディスタンスを完走しないと、6月のアイアンマンへの出場権が得られないのです。)




                ここで、新入生のためにも、オリンピックピックディスタンスとは、

                swim1.5km
                bike40km
                run10km
                の計50.5kmで、

                トップ層は2時間以内に完走してしまいます。


                そのトップ層が走る世界トライアスロン選手権が毎年世界のあちこちで開催され、そのうちの1つに、日本、そして横浜が会場になってます。


                ってことで、土曜日がエリート選手にとって本番。



                雨。


                基本トライアスロンは雨でもやります。
                この辺が元ソフト部には理解できない…



                エリート選手は土砂降りの中レースを続けていました。


                私も選手説明会の後に少し見学。





                女子優勝のフローラ・ダフィ選手を間近で見れました。



                雨だとバイクのコンディションが悪く、落車が多発しておりました。



                そして迎える日曜日!!


                曇り。
                素晴らしい。


                天気には恵まれました。


                ここからはレースリポート


                大規模大会なので、時間に余裕があり、アホみたいに大変丁寧な説明があるので、事務的なトラブルはありませんでした


                ただ、交通規制が激しく、度々迂回させられて無駄に疲れました。


                スイム

                試泳100m。

                ここで、横浜の絶望的に汚い海の感触を確かめる。

                海でおぐのは去年の絶望的な海練以来だった。


                しょっぱーって思いながらスタート。

                どんどん抜かされ激しいバトルに巻き込まれながらもとにかくブイを目指した。

                前ウェーブの選手を追い抜き、まだビリではないことを確信し安心。
                コースは 750×2周。

                途中ポンツーンというらしい、陸に上がりまた海に沈み泳ぎにいくレース。



                無事海から打ち上げられた私は次のバイクを目指す。


                スイムの様子。
                氷川丸の隣を泳ぎます。



                バイク

                コースは6.6×6周

                山下埠頭の風が強くて辛かったけど、ほぼ同じペースで回れたみたい。

                ディスクホイールでグォングォン言わせてるような人たち以外は抜く。

                あんなに怖かったエアロバーも使ってみた。




                (バーの幅が広くて様にならないのはご愛嬌。)


                ラン

                ここまで順調?!と思いきや、常に私の頭には3文字があった。



                トイレ


                ごめんなさい。でもスタート前から行きたかったのです。でもウエットを着てスイムチェック終わった後では時間がなくどうしようもできなかった…


                ってことで、ランパート入ってすぐ、道にトイレが奇跡的にあったのでいきました。

                選手説明会で水を15分おきに飲めって言ったやつ誰やねん。


                気温と相談して体内の水分量を調整するべきだと思いました。


                トイレにいってからはペースも上がり、快調に走れました。


                途中歩道橋のスロープを登らされるのには堪えましたが。








                ゴール!


                リザルト2:54:16 swim 0:39:28 bike 1:23:30 run 0:51:18

                (20-24歳の部3位…)

                にしてもスイムが遅すぎました。




                もっとスイムを強化したいです。


                応援&サポートしてくださった水谷さん

                サンキューです!




                横浜トライアスロンは参加費がクソ高い分、たくさんの参加賞がもらえます。



                Tシャツ、カバン×2、ゼッケンベルト、パスタ、カレー、お店で使える500円券×2…etc


                ボトルもこの券で2000円で2本買えました。


                あと、女性限定で、スタージュエリーのネックレスを貰えました!!




                恥ずかしながら初シルバー。




                世界トライアスロンのマークでした。


                ちゃんと貰ったからには身に付けようと思います^ ^


                横浜トライアスロンはたくさんの沿道の応援があるので、楽しめる大会です!!


                今週はスプリング選手権です。

                私はスタッフとして、大会をサポートしますが、トラ部の選手にはシーズン初戦、是非頑張ってもらいたいです!





                では!
                東工大トライアスロン部 * 大会 * 08:07 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

                学生ハーフ2017

                0
                  こんにちは。

                  就活で大忙し、"就"士2年の大槻です。

                  3/5日にM1(当時)2名が参加した学生ハーフについて報告します。

                  学生ハーフ(正式名 日本学生ハーフマラソン)とは箱根駅伝予選会と同じく立川の陸上自衛隊立川駐屯地〜国営昭和記念公園で開催される学生選手権です。

                  私は去年箱根駅伝予選会に出れなかった悔しさを晴らすべく、
                  武田は…。











                  よくわかりませんが、デュアスロンの学生選手権の翌週にも関わらず参加しました。


                  画像はイメージです。
                  学生ハーフのものではありません。

                  結果
                  武田 直樹 1:18'10
                  大槻 恒太 1:18'39

                  ―――――以下レースレポート―――――
                  気温はレースには少し暑いくらい。


                  準備することが多く、アップが5分しか取れませんでした(反省点1)。


                  大会の実況MCはトライアスロンでおなじみの茂山さん。
                  陸上もやってるのかと驚きました。


                  EKIDEN NEWSさんがYouTubeに動画を上げていましたので茂山さんが気になる人はご確認ください。
                  茂山さんが気になる人はこちら



                  スタート直後は市民ランナーにバンバン抜かされましたが、勝田マラソンではそういった人たちは最後に回収したので自分のペースを刻みました。


                  5kmごとのラップは
                  18’26-37-38-52-4’06(最後は1.0975)
                  公園内で垂れましたが、ブレは少なくまとまっている。


                  公園内のアップダウンで足を使い果たしてしまい、ラスト1kmは切り替えられず、あがっていません(反省点2)。
                  東大の人が信じられないくらいのスピードで抜かしていったので、見習いたいと思っています。


                  余談ですが信頼できる情報筋によると後野はアップダウンがあるコースでは「ダウン」があるから速くなるそうです。
                  ぜひとも実証してもらいたいと思っています。
                  iPhoneImage.png
                  先頭が後野です。
                  こちらも学生ハーフとは関係ありません。



                  ゴールシーンもEKIDEN NEWSさんがあげてくださっているのでリンクを貼らせていただきます。
                  ゴールシーン


                  武田 16’55
                  大槻 17’20

                  くらいに登場します。

                  ―――――――――――――――――――
                  ついでに









                  走ることが好き!だけどそれ以外もやりたい!
                  って思ってる新入生の皆さん。

                  今からでも遅くない!ぜひトライアスロン部へ。

                  それでは。部室で会いましょう。
                  iPhoneImage.png
                  iPhoneImage.png
                  東工大トライアスロン部 * 大会 * 18:19 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  カーフマン チャンピオンシップ 2017

                  0
                    どうも!B2の原です。

                    武田さんと二人でカーフマンチャンピオンシップに出場してきたのでその報告です。

                    大会前日、新幹線で東京から岐阜羽島へ。今回は遅刻もなくスムーズでしたね〜
                    到着後はバイクに乗ったり、ちょっと走ったりしながら試合に向けて気持ちを高め、万全の状態にするため早めに就寝。(暇を持て余しただけ)

                    そして大会当日、武田さんがサイコンをつける結束バンドが切れたとのことで途中ホームセンターに寄ってから会場へ。


                    会場到着時はほぼ無風でしたが時間が経つにつれ徐々に風が強くなってくる。そんななかエリートのレースがスタートです。

                    とりあえずリザルトです。
                    (総合 1stラン バイク 2ndラン)
                    原 22位 1:22:11 10位 32位 10位
                    武田 23位 1:22:25 18位 13位 37位

                    以下レースレポートです。

                    1stラン、1周目は大混戦でカーブ付近では接触も多く、少し危険だった。直線になれば風をよけるため縦に長い列になるためその隙に横から前に出ていく。
                    3周が終わるころには10人ほどの集団にまで小さくなりだいぶ走りやすくなった。しかし、4周目後半で前の人が離れたところで先頭集団にうまくついて行けず単走になる。
                    そして、そのまま1stランは終了。



                    続くバイクパート、飛び乗りを試合前に練習した成果が少し出て、多少いつもより速くトランジを終える。とはいえ一人だったので、軽く回して後ろからの集団が来るまで待ち、集団に入れてもらう。
                    15人ほどの大きな集団で武田さんもそのなかに入っていた。カーブからの立ち上がりを着いていければなんとかなるかなぁ、というペースだったのでしっかり踏んでペースを上げるよう努めた。
                    先頭集団との差も詰めていると聞いて順調だと思っていた矢先、前の自転車と接触して落車してしまった。
                    幸いにも一番後ろの時の落車だったため追突されるということもなかった。
                    ここで焦っても仕方ないと思い、バイクの状態をパッと見て異常が無いようなのですぐに再び漕ぎ始めた。その後は後ろの集団に入り、なんとか着いていきバイク終了。




                    2ndラン、行きが追い風で帰りが向かい風を2往復するコースで最初の往路で同じバイクで走った人達を抜かしていく。帰りの向かい風が想像以上に強く一気に体力を奪われた。ラストもあまりダッシュしきれずにゴール。

                    今回のレースではやはり落車が一番のロスで、車間距離を詰め過ぎていたのが原因なので辛くても前との距離を集中して保つことを心掛けていきたいです。
                    また、ランで前が離れた時に反応が遅くそのまま一緒に離れてしまったのでただ走力をつけるだけでなくスピードや対応力をもっと身につけていきたいです。

                    武田さん、駅から会場まで引いてくださったり、怪我の手当をしてくださったりとありがとうございました。
                    また、バイクで一緒だった皆さん、写真を提供してくださった方ありがとうございます。
                    これにて報告終わりです。

                    東工大トライアスロン部 * 大会 * 19:49 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    カーフマン南関東

                    0
                      こんにちは!初カーフマンB1後野です。
                      2/12に川崎でカーフマン南関東ステージに出場しました。

                      出場者は、B1後野

                      OB伊藤翔太さん

                      OBデカさん

                      の3人です。

                      以下、リザルト敬称略
                      渡邊 1stR18'18 B50'09 2ndR21'33 total 1h30'00" 28/394
                      後野 1stR19'50 B56'06 2ndR24'57 total 1h40'53 140/394
                      伊藤 1stR20'31 B56'14 2ndR24'32 total 1h41'17 9/26

                      当日は天気もよろしく、絶好の大会日和だった。川崎までデカさんに引いてもらって大会会場へ。ここで、川崎は結構近いことを実感した後野でした。実は、川崎も箱根もおんなじ神奈川県です。びっくりしますね〜。あとびっくりしたのが、大会会場の、扇島までは海底トンネルをくぐんないといけないんですね!
                      長くて深くてなかなかテンションの上がる経験をしました。そんな感じで会場入り。そこで、伊藤さんと合流しました。
                      レアな写真いただきました!


                      以下、レースレポート
                      スタート前、横国の選手とお話しして少し緊張もほぐれた。この人について行こっかなって思ったら、1stRから結構速くて早々に諦めた。自分がどんくらいのペースで走っているのかもよく分からなかったから、とりあえず1周目は10分切る目標で進んだ。1周目は、結構いいペースで走れたのでこのまま行けるかと思ったが2周目の最初の方で足が重くなった。これヤバイかもと思いつつ、足をあげるように意識して走った。(多分上がってない)そのまま、バイクへ。バイクは向かい風が強いと聞いていたが、今回は割と穏やかだったらしい。とりあえず、30km/hを切らないように漕いでいった。バイクはDHパワーもあってか終始足は動いた気がする。これはなかなか良し。途中でDHが、ずれまくって使いづらくなったのは自分のメンテミスなので今後しっかりしておきたい。もうすでに足が重すぎだが2ndRへ移行。もう疲れててトランジでちょっと休憩してしまった。2ndRは、地獄。もう足が全く動かない…が、前の方もそんな感じだったのでバイクで少し負けた選手を追いかけて、抜かしそのままその人に負けないことを目標に走った。で、なんとかキロ5は守ってゴール。今回は、初カーフマンということもあり、ペース等があまりよく分からなかったがなかなかいいレースが出来たんじゃないかなと思う。もう一回くらい出てみたい。今後は、ランのフォームを、安定させること。先週の水曜日くらいからいいフォームで走れてたのでそれをしっかり試合でも出せるようにしたい。あとは、トランジでもっと速く切り替えられるようにしたい。ここでだいぶロスしてた気がする。あとは、体の使い方。ランとバイクで極力足の違う部分を使ってちからを温存しておく。


                      こっから写真です。

                      快走する伊藤さん

                      トランジも素早かった。見習いたいです。

                      デカさん、ラストスパート!素晴らしいレースでした。

                      バテバテ後野。もう足が上がりましぇん
                      最後に3人で1枚。


                      最後に、部室から会場まで連れていってくださったデカさん、本当にありがとうございました!伊藤さんも、応援してくださってありがとうございました!すごく励みになりました!次に出るときは1時間30分台目指しますー
                      東工大トライアスロン部 * 大会 * 09:01 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ